スポンサードリンク

関ジャニ∞クロニクルの見どころ、コーナー紹介[全国放送希望!!]

f:id:ashlog:20170225234419j:plain

関ジャニ∞クロニクルを全国放送希望!!

 関ジャニ∞の冠番組で、2015年5月16日から関東ローカルで毎週土曜日、午後13時30分から30分間放送されている、"関ジャニ∞クロニクル"。

関ジャニ∞好きでも関ジャニ∞をあまり知らない方でも、(私もこちら側でした)とても面白いと感じる番組なのに、再放送として地方ローカルでの放送がある地域もあるものの、お正月のスペシャルなど以外は全国放送でなく関東ローカル。。

関ジャニ∞クロニクルを、ぜひ!!全国放送してほしい!!という想いをこめて、番組内のコーナーを紹介していきます。

NEW!!新コーナー"代理里帰り"の内容追加しました。

(新企画が出来た場合は追加していく予定です。また、抜け落ちているコーナーがあれば教えていただけると嬉しいです。)

 

 

関ジャニ∞クロニクルとは

 関ジャニ∞クロニクルってどんな番組?という方に、番組公式サイトで紹介されているのをそのまま引用すると、

この番組は、音楽・芝居・バラエティなど 多方面で大活躍する7人グループ「関ジャニ∞」が「原点回帰」を目指し、ロケ・コント・歌・トークなどの様々な企画にチャレンジします!

関ジャニ∞のメンバーが、人と触れ合い、汗をかき、様々な企画にチャレンジし、新たな一面を魅せる!

「関ジャニ∞が××した結果」、・・・「○○が分かった」という新発見が毎週繰り広げられます。

さらに新しいコントも見どころ!グループとして、個人として輝きながら成長していく姿を描いていくバラエティ番組です。

関ジャニ∞クロニクル公式サイト

こんな感じで、私が紹介するまでもなくこの文章がすべてを表していますw

"関ジャニ∞クロニクル"の"クロニクル"とは、年代記、編年記などの意味があるのですが、番組内では"関ジャニ∞成長期"と紹介されています。

出演者はもちろん、関ジャニ∞メンバー!!

(横山裕さん、渋谷すばるさん、村上信五さん、丸山隆平さん、安田章大さん、錦戸亮さん、大倉忠義さん)。ゲストが出演する時もあります。

関ジャニ∞クロニクルの見どころ

 関ジャニ∞クロニクルの見どころとしては、大きく2つあります。

①メンバーのワチャワチャ感がおもしろい!

→こちらは元々関ジャニ∞ファンの方でなく、関ジャニ∞あまり知らないという方向けなのですが、メンバー同士の仲良さそうなところがものすごく伝わってくる番組です。

それを見ているとこちらまで微笑ましくなってくるというところが関ジャニ∞の魅力。そんな関ジャニ∞の魅了をうまく伝えているのがこの"関ジャニ∞クロニクル"だと思います。

実際私もこの番組がきっかけで関ジャニ∞ファンになりました。なので、関ジャニ∞あまり知らないという方にはぜひみていただきたい番組です!!

下記ではメンバー名、いつも呼んでる呼び方で書いています。そちらについては、私がエイターになった話を書いたブログがあるので、こちらをご参考いただければと思います。

 

②編集が上手!

→素人目にみても、上手いな~となる番組編集。

関ジャニ∞の魅力が伝わってくる番組と上記でお伝えいたしましたが、それを作り出してるのが関ジャニ∞クロニクルの番組編集だと思います。

公式サイトの説明にもあるのですが、毎回出てくる"関ジャニ∞が××した結果"、"○○が分かった"という部分。こちらの言葉を選んでくるセンスがそれを物語っています。

番組内での発言の抜き出し、イラストも絶妙なところを狙ってきているなと思いながらも、毎回その編集部分でも笑ってしまいます。

 

①と②の相乗効果で"関ジャニ∞クロニクル"は面白い!!となるのだと思います。

関ジャニ∞の魅力がたっぷり詰まった30分間の放送時間

 関ジャニ∞クロニクルの放送時間は30分。その30分で内容盛りだくさんです。

大きく分けて、放送時間の大半を占めるメインコーナー、メインコーナーとは別に、メンバーひとりひとりに焦点を当てたプチコーナーの2つです。

次に、メインコーナー、プチコーナーに分けて、紹介していきます。

メインコーナーの紹介

 ここでは放送時間の大半を占めるメインコーナーの見どころ、紹介をしていきます。

なお、放送時系列関係なく順不同で紹介しております。

いきなりドッジ

 関ジャニ∞クロニクルの中で、恐らく一番よく知られている、人気コーナーだと思います。

ドッジボールをするコーナーなのですが、普通のドッジボールのようにボールをとってすぐ相手をアウトにするために投げるのではなく、ボールを持っている人が有利に動きつつボールを持っていない人はそのボールをいかにして取るか、という心理戦なゲーム。

しかも場所もリビングで、ボールもリビングの中のどこから出て来るかわかりません。

新しいドッジボールの形をみることが出来て、ワチャワチャ感を楽しめるコーナーの一つ!!

イケメンカメラ目線スポーツ(イケメンカメラ目線陸上)

 こちらもいきなりドッジ同様、 よく知られている人気コーナーだと思います。

1チーム2人でカメラ目線でスポーツをして、シャッターが押される瞬間に"イケメン"な顔をするというもの。

競技ポイントと、その"イケメン"顔のポイントで競います。

最初は、コーナー名もイケメンカメラ目線陸上だったのですが、陸上以外の競技をするようになったからか、途中からコーナー名がイケメンカメラ目線スポーツに変わっています。

イケメンカメラ目線陸上の時のチームは、安くん、大倉くんペア、丸ちゃん、錦戸くんペア、横山くん、すばるくんペアで、

イケメンカメラ目線スポーツからチーム変更で、横山くん、大倉くんペア、安くん、錦戸くんペア、丸ちゃん、すばるくんペアに変わっています。

司会はイケメンカメラ目線陸上、イケメンカメラ目線スポーツどちらも村上くんです。

村上くんはスポーツしないのかというと、例としてスポーツすることもあります。

あと、毎回"村上くん人形"という人形で競技の説明があるのですが、こちらにも注目。

なのにさんを探せ

 "○○なのに○○"という、ギャップのある人を、メンバー3人が街にくり出し探すコーナー。

丸ちゃんが優勝者を決める審査委員長で、街にくり出すメンバーは、くじ引きで決まります。(2017年4月28日放送分で初めて丸ちゃんがロケにくり出しました!)

こちらは毎回何が起こるかわからないというロケの風景をみることが出来るのが面白いです。

クイズ!お一人様に聞きました!

 夜中に歩いている女性の方に、何をしているのか聞いてみてその中の一つをクイズにだして答えるコーナー。

なのにさんと同様ロケに出るコーナーなのですが、こちらは丸ちゃんだけがロケに出て、その模様を、スタジオにいるメンバーがみて、クイズに答えるというもの。

夜中のロケだからか、なのにさんよりも個性の強い方が出ているイメージがあります。

そして毎回ミラクルな展開が起こるので、そこが見どころです。

自称そっくりサスペンス

 自称、芸能人にそっくりという方がスタジオにきて、誰のそっくりさんかを当てるコーナー。

司会は横山くん。チームは、丸ちゃん、安くん、錦戸くんの金田一チーム、村上くん、すばるくん、大倉くんのホームズチームの2チーム。

こちらは、すごくそっくりなそっくりさんと、全く似ていない本当に"自称"なそっくりさんがいて、その全く似ていないそっくりさんを当てるのに苦労するところが見どころです。

即泣きトライアル

 "泣く"にかけて、"79秒"中にどれだけ早く泣けるかを競うコーナー。ただ泣くのではなく、くすっと笑いそうな変なセリフをくじ引きで選び、そちらと共に泣くというもの。

やはり変なセリフなのでなかなか泣けない。その中でもすぐ泣けてみんなをびっくりさせた"即泣き王"の安くんに注目です。

個人的な見どころとしては、コーナーがはじまる前のすばるくんの、ミスターポポですw

関ジャニ∞が女心について考えた結果

 スタジオにはメンバーを囲んでたくさんの女性が怪訝そうな顔。メンバーが"アラサー女性の心理"を理解出来ているかどうかを確かめるコーナー。

内容は、5つの選択肢の中から1位と5位をメンバーが選び、当てるもの。

メンバーの女性に対して思っていることが分かるところが何よりもの見どころ!

そして怪訝そうな顔の女性たちがメンバーの話し合いをきいてくすっと笑っているところも注目です。

タズラーGP

 大倉くんが料理をしているところに他のメンバーがいたずらを仕組んでそれをモニターでみて、いたずらが全部終わって料理も完成した後にどのいたずらが一番すごかったかを大倉くんが発表するコーナー。

一つ一つのいたずらの発想、それを形にする美術さんの技量がすごいです。

また、大倉くんが、すばるくんに仕返ししたいということで、バーベキューという設定ですばるくんがいたずらを仕掛けられる回もありました。こちらもいたずらの技量がすごかったです。

いたずらに対するリアクションをみるのが、このコーナーの見どころです。

本物のゲストは誰でしょう?

 ゲストがリクエストした料理をシェフが作っている間に、ゲストを当てるコーナー。

ゲストは裏側にいて、メンバーの前にいるのは代役。代役の方がイヤホン越しにゲストの回答を話し、それをもとにメンバーが当てるというもの。

司会は村上くんで、他のメンバーが回答者です。

ゲストを当てるのに苦労するメンバーをみるのが見どころですが、また、ゲストの真似をしている代役の方の演技にも注目です。

なんとか成立させろ記者会見

 昔話のストーリーを成立させるコーナーなのですが、誰が何役をするか決まっておらず、7つの更衣室があり、その中にはお題になる昔話に沿った衣装。メンバーが思い思いに衣装を着て、記者会見に登場し、役がかぶったとしても記者会見を成立させるというコーナー。

記者に質問されて答えていき、結果新しい昔話を作っていく感じになっています。

記者役としてマキタスポーツさんがされているのですが、質問の仕方がとても上手です。

メンバーが成立させようと色んな設定を盛り込んでくるところが見どころなのと、

記者会見後、その成立させたストーリーで映画予告さながらの豪華な予告がついているので、こちらも見どころです。

手つなぎぶらり旅

 記念すべき関ジャニ∞クロニクル第一回目の放送。

7人全員で手をつなぎながら街を歩き、出会う人達に"仲いいね"といってもらうというコーナー。

手をつなぎながらパフェを食べたり、なかなか"仲いいね"といってもらえないところが見どころです。

こちらのコーナーはこの初回放送のみでした。

7人同時にプロスポーツ選手と対決した結果

 プロのスポーツ選手とメンバー全員がスポーツで戦うというコーナー。

卓球、バスケットボール、ビーチバレーとやってきましたが全敗。こちらのコーナーは関ジャニ∞クロニクルがはじまった頃やっていましたが、最近ではやっていません。

どうやってプロのスポーツ選手から得点を奪うか、メンバーが小癪な手を考えるところが見どころです。

動物の足跡でスタンプラリー

 動物の足跡をスタンプラリーとしてとっていくコーナー。

メンバーが協力して動物から足跡をとるところをみるのが見どころです。

こちらは動物好きな安くんの提案で出来たコーナーなのですが、関ジャニ∞クロニクル始まってすぐ放送でこれっきりで終わってしまいました。体力使うし続けるのは難しいんだろうなぁと思いました。

真実堂書店

 5冊ある本の中の2冊は、店員役の丸ちゃんとすばるくんが作ったタイトルの偽物で、村上くんと大倉くん、そしてゲストの方が本当に実在する本3冊を当てるというコーナー。

丸ちゃんとすばるくんが、いかに本当に実在する本に負けないようなタイトルをつけて騙し通せるかをみるのが見どころなのですが、

逆に、この本は丸ちゃんとすばるくんが書いただろうと考えながらみるのも面白さの一つです。

もひとりおるおる?

 タコパ(たこ焼きパーティー)をメンバーとゲストでしながら、自分の変わった癖や性格などを披露し、それに共感してくれる人がもう一人いるかどうかを見つけるコーナー。

自分をあわせて2人だと"もひとりおるおる"となり、たこ焼きを食べられるというもの。

メンバーの変わった癖や性格を知ることが出来るところが見どころです。

横山的思わず嫉妬した大賞(成長NO.1のメンバーを調査した結果)

 横山くんが司会で、関ジャニ∞クロニクルを振り返り、ここ面白かったというのを紹介していく総集編のようなコーナーで、一番嫉妬した人にトロフィーをあげるコーナー。

横山的思わず嫉妬した大賞の前は、成長NO.1のメンバーを調査した結果で同じ内容でした。

面白かった名シーンを振り返ることが出来るのが見どころです。

英会話伝言ゲーム

 ネイティヴの方→横山くん→ネイティヴの方→錦戸くん→ネイティヴの方→村上くんの順番に、英会話を伝言ゲームしていくコーナー。

英会話が最終的にどう村上くんに伝わるか、という内容なのですが、村上くんが出す珍回答、こちらが見どころです。

(英会話伝言ゲームはメインコーナーとプチコーナーの間くらいかなと思ってメインコーナーとして入れました。)

ファボられタイムライン

 ゲストがお題をだして、そのテーマに沿った写真を関ジャニ∞がチームに分かれて撮影し、写真をリアルテイムで送り合い、ゲストのお気に入り写真="ファボる"写真を撮れたチームが勝つというコーナー。

リアルタイムなやり取り、ゲストとメンバーが実際にLINE風に打っている文字をみて誰が文章を打ったんだろうと想像すると面白いですし、メンバーがテーマに沿った写真をとりますが、ズレている所などもみることが出来てこちらが見どころです。

TOGAKI HOUSE

 いきなりドッジのようにリビングでくつろいでいるメンバーが、スクリーンに映し出されたト書き(台本に書いてある、ここで○○するというような演技動作指導)に従って自由にセリフを考えて終わるまで演技をし続けなければならないというコーナーで、ト書きの収録、編集後メンバーが出来上がったものをみて感想を述べるコーナー。

ト書きによる無茶振りにこたえつつメンバーが演技をする姿、とても面白いです。ト書きだけなのに演技をするとなるとそれぞれの個性が出ていてそれをみることが出来るのが見どころです。あと、このト書きコーナーをみてつっこみを入れながら大笑いしているメンバーをみるのも醍醐味です。

代理里帰り

 忙しい芸能人に代わり、関ジャニ∞メンバーが代理で里帰りをするコーナー。ゲストの芸能人の方のリクエストにこたえて親孝行をする姿、どんなお仕事をするのかなど、いつものクロニクルとひと味ちがう企画でまたメンバーの違った一面が見れます。

プチコーナーの紹介

 続いて、プチコーナーを紹介していきます。

こちらはなるべく放送時系列順に紹介しております。(番宣の時のものは入れていません。)

多いので、上記のメインコーナーの紹介みたいに見どころなど入れずに内容だけ書いていきます。

おばあちゃんジェスチャークイズ

 村上くんが司会で、おばあちゃんがジェスチャーをし、それをみたおじいちゃんと大倉くんが当てるというコーナー。

フェイククロニクル

 テレビ局で出会ったメンバー、タクシーの中でのメンバーのやり取りなどをみせるというコーナー。(恐らく台本あり。その内容をメンバーが演技するコーナー)

ディベートショー 激論!!クロニクル

 錦戸くんと安くん、役者さん?たちが、よくあるディベート番組のような番組を演じるというコーナー。

関ジャニ∞と視聴者が"強く 強く 強く"のオリジナルMVを作成

 視聴者からよせられた写真をメンバーが選び、シングル、"強く 強く 強く"のオリジナルMVを作成するというコーナー。

絶対に失敗しない男

 丸ちゃんが、音楽に合わせて踊りながら、テーブルクロス引きしたりなどちょっとむずかしいことを失敗せずワンテイクで撮れるまで挑戦するコーナー。

すばるとなーみ

 すばるくんと渡辺直美さんがバカップルを演じ、動画をとるコーナー。

裏ナレーション刑事

 メンバー2人が張り込み中の刑事を演じ、声を出せない場面の中、ゲストの芸人さんがナレーションをし、それに笑ったら撃たれておわるというコーナー。

"前向きスクリーム!"発売記念企画 前向き記者会見

 壁にあるのびるひも(バンジージャンプみたいなもの)につながれたメンバーが、何メートルか先にある記者会見出来る机まで前向きに向かっていき、その机にいる間は"前向きスクリーム!"のプロモーションが出来るというコーナー。

ハーモニカマン

 すばるくんが、映像に合わせてハーモニカ演奏を披露するコーナー。

安猫田准教授のやっぱり猫が好き

 安くんが、猫が大好きな安猫田准教授に扮し、大倉くんに猫の画像をみせながらよさを語るコーナー。

ラブスーパーマン

 錦戸くんスーパーマンになり、恋愛相談にのるコーナー。

すぐムキになる横山の時間

 すぐムキになる性格という横山くんを、村上くんと安くんの実況と共に横山くんがムキになるかどうか他のメンバーとのやりとりをみていくコーナー。

妄想ぼっちメシ

 大倉くんが、ぼっちメシじゃないと食べられないというサラリーマンに扮し、ぼっちじゃない状況になった時に、周りの人が自分のことをどう思っているのか妄想するコーナー。 

カウントダウンの瞬間を記念撮影

 カウントダウンの瞬間をメンバーで自撮りの記念撮影をするコーナー。

ネイリストYASU

 安くんが、ネイリストとして男性ゲストにネイルをしながらゲストと一緒にガールズトークをする、ネイルアートを完成させるコーナー。

CC2

 すばるくんと安くんが、"ちばるとちゃーた"というユニットでちっちゃいって素晴らしいということを歌うコーナー。

一人多い・・・~偽物は誰だ~

 撮影の際に関ジャニ∞メンバー一人多いということで、だれが多いかさぐるコーナー。ジミー大西さんがゲスト。

みんだせつおゲーム

 "せんだ・みつお"の"せ"と"み"を入れ替えて"みんだ・せつお"にするように、芸能人の苗字と名前の最初の1文字を入れ替えて、5秒以内に回答していくゲームコーナー。

バッキバキ体操・バキフェッショナル

 バッキバキ体操第一を踊るコーナー。バキフェッショナルは、バッキバキ体操について熱い思いをゲストが語るコーナー。

売名登竜門

 まだ有名でない芸人さんのゲストがメンバーの1人と自分の得意なことで対決し、勝てば、売名出来る時間をもらえるというコーナー。

クロニクル ザ・ベストテン

 パノラマのPRをロデオに乗っている間出来るというコーナー。ザ・ベストテン風に繰り広げられている。

イケメンカメラ目線年賀状

 イケメンカメラ目線スポーツと同じ内容で、年賀状用にお正月っぽいことをしているところを"イケメン"顔で撮るコーナー。

エゴサーチ男

 インターネット上で、自分自身の評価を確認する"エゴサーチ"を、お昼の情報番組という設定で丸ちゃん扮するMCの"江後佐山隆平"がオンエア中に失敗をおかしてはCM中にエゴサーチをしようとするコーナー。

裏ナレーション刑事season 2

 メンバー2人が張り込み中の刑事を演じ、声を出せない場面の中、ゲストの芸人さんがナレーションをし、それに笑ったら撃たれておわるというコーナーのシーズン2。シーズン1よりも火薬量が増えています。

アートキングYASU

 芸術面で優れている安くんが、絵画をかいて、その作品を芸能人の方と競い芸能界1のアートキングを目指すというコーナー。

 

ぜひ関ジャニ∞クロニクルを全国放送でみたい!!

 関ジャニ∞クロニクルのコーナーを紹介してきました。関ジャニ∞クロニクルをみたことがない方に、つたない紹介ではありますが、この記事をみてちょっとでも興味を持っていただけると嬉しく思います。

とても面白い番組で関ジャニ∞の良さが引き立っているのでローカル番組でなく、全国放送になってほしいです!!

Copyright ©2017 あしゅログ All right reserved.


スポンサードリンク