スポンサードリンク

料理初心者が見よう見まねで"いちごのレアチーズケーキ"を作った結果

f:id:ashlog:20170215222148j:plain

"いちごのレアチーズケーキ"

 昨日はバレンタインデーでしたね!みなさま、いかがお過ごしでしたか?

次のホワイトデーに向けてもぴったりな、"いちごのレアチーズケーキ"作りを、料理初心者な私が挑戦してみた模様をお伝えいたします。

料理が苦手。。

 恥ずかしながら、私は、普段料理を全くいたしません…苦手なのです。。

そんな私が唯一料理というかお菓子作りをするのがバレンタインデーなのですが、今年も挑戦しました!世間の風潮からかなぜかバレンタインデーはお菓子作りをしたくなります。

どんなのを作ろうかなぁと探していたところ、写真をみただけで食べたい!となったお菓子を発見。

それが、EMOJOIE CUISINEさんで紹介されていた、この、"いちごのレアチーズケーキ"です。

レシピをみてみたところ、料理が苦手な私でも出来そうな雰囲気が漂っていたので、今年はこれにしよう!と意を決して材料を買いにいきました。材料が揃った所でいざ挑戦!

 

 

 

 

いちごのレアチーズケーキ作り風景

 ここから写真をまじえていちごのレアチーズケーキ作りの風景をご紹介していきます。

ビスケット砕きが大変!

 まずは土台のビスケットをくだく作業から。

f:id:ashlog:20170215222131j:plain

ビスケット、写真で伝わるかわかりませんが、結構多いです。

過去にもNYチーズケーキづくりをしたことがあり、その時も大変だったので覚えているのですが、ビスケット砕くのに時間さきますwなんせ固いので。。

まず小さく切ってそこからの粉々に。この粉々作業が大変…この作業だけで15分はかかりました。

f:id:ashlog:20170215222132j:plain

  ビスケットを砕き終わったら次はバターと混ぜてしんなりさせます。

みてください、このビスケットの雑さ。ここに私の料理苦手さが出てますね。。

これくらいの大きさで限界でしたw

いちごちゃんの登場

 ビスケットとバターでの土台作りが終わったよ~っていうのが右端。

f:id:ashlog:20170215222133j:plain

結構雑にビスケットくだきましたが、型に入れて押し込んだら、まぁなんとか?土台っぽくなり安心。

このお菓子作りに大事ないちごちゃんの登場!!みずみずしくておいしそう~!と思ったいちごのパックを厳選してスーパーから連れ帰りました。その中でも真っ赤ないちごを使用。いちごを半分に切って型に並べていきます。

その間にゼラチンを溶かします。それが写真左上の計量器に入ったやつです。いちご、ゼラチンは簡単でした。

f:id:ashlog:20170215222134j:plain

いちごちゃん並べ終わったのがこちら。これながめているだけで幸せ気分です。

クリームチーズたちを混ぜ混ぜ

 いちごちゃんも終わった所で続いてはチーズの部分。

f:id:ashlog:20170215222135j:plain

レンジでチンしてやわらかくなってから混ぜ混ぜ。いい感じになったら、

f:id:ashlog:20170215222136j:plain

ヨーグルトと混ぜ混ぜ。こちらもいい感じになったら、生クリームと混ぜるそうなのですが、牛乳で代用もOKと書かれていたので、生クリームは使用せず、冷蔵庫にあった牛乳を使用しました。

f:id:ashlog:20170215222137j:plain

 ゼラチンと牛乳と砂糖を混ぜ混ぜ。これが終わったらさきほどのクリームチーズのところに付け加えて混ぜ混ぜ。いい感じになったのがこちら。

f:id:ashlog:20170215222138j:plain

だまも出来ずきれいに混ざりました。混ぜ混ぜコーナー、混ぜるだけなのでものすごく簡単なのですが、量ったり混ぜたりの繰り返しなので、時間は結構かかりました。

 

f:id:ashlog:20170215222139j:plain

 混ぜ混ぜしたものを型に入れていくのですが、どうやら私の持っている型がレシピで紹介されている18cmでなかったみたいで、入れすぎてしまいこんな状態。

あ!仕上げのいちごソースをかけれない状態になった!!と気づきあわてて余分な分量をすくい出し、

f:id:ashlog:20170215222140j:plain

 いちごのソースが入るかなぁ~くらいの状態にしました。ふぅ。

ここまで出来たら、いったん冷蔵庫へ。

いちごのソース作り

 冷蔵庫に入れて冷やしている間に、メイン!?な!いちごのソース作りの開始。

レシピにはラズベリーと書いてあったのですが、ラズベリー売っていなかったので、冷凍のいちご一袋と、その一袋ではレシピの分量に10g足りなかったため、それは冷凍のブルーベリーを使用。

f:id:ashlog:20170215222141j:plain

冷凍でも見た目がいい!今からこれをソースにしていくのですが、その間に砂糖と水、そして再びゼラチンを溶かす作業。

f:id:ashlog:20170215222142j:plain

f:id:ashlog:20170215222143j:plain

よし!ゼラチンとかの用意が出来たから、気合入れていちごを漉すぞと意気込み。

レシピによると、ミキサーでどろどろ状態にするのがいいみたいなのですが、うちにないので、レンジでふにゃふにゃにさせてから漉していきました。

f:id:ashlog:20170215222144j:plain

何度も漉すとこんな感じに。手が痛くなりましたw

レンジでチンしたらすぐ漉せるかなぁと思っていましたが、考えは甘く、多分30分くらい漉していました。

灰汁なのかな?この泡みたいなのをとって、型に流すと、

f:id:ashlog:20170215222146j:plain

おっ、いい感じ!という色合いが出ました。このまま一晩ねかせたら出来上がり。

やったぁ~!!できた~!という達成感。

f:id:ashlog:20170215222147j:plain

ちなみに、余ったクリームチーズとかを混ぜたやつはこんな感じで後日食べれるように型に入れてみました。

いちごのレアチーズケーキと共に冷蔵庫へ。

 

一晩経ち、できあがり

 作ってみた次の日。冷蔵庫から取り出し、恐る恐る型から取り出してみると、

f:id:ashlog:20170215222149j:plain

なんとかちゃんとできていました!!やった~!

ただ、途中でクリームチーズとかを入れすぎてすくい出した作業をしたせいでいちごにクリームチーズついてますねw本当は側面はいちごの側面がみえてきれいなはずなのにw

これも初心者クオリティ丸出しです。

 

食べてみました

 一晩待ちに待って、やっと食べられる!というワクワクと共にカットしてみると、

f:id:ashlog:20170215222148j:plain

いちごちゃんがかわいい~!

内面までかわいいケーキに仕上げっていました。

食べてみた感想ですが、我ながらおいしい~~!

苦労したビスケット、いちごのソース部分もおいしく味が出ていたし、レアチーズ部分もゼラチンがきいていて舌ざわりもなめらか。

このレアチーズ部分といちごを一緒に食べるとレアチーズの甘さといちごの酸味がきいてさらによし!大満足なお味でした。

レシピを提供してくださった、EMOJOIE CUISINEさん、ありがとうございました!!また作ります!

"いちごのレアチーズケーキ"を作った結果

  料理初心者な私が、こちらのいちごのレアチーズケーキを作った結果、

おいしくできましたし、見た目の可愛さにも大満足です!!

制作時間を計っていたのですが、トータルで2時間30分+一晩寝かせる時間でした。

料理が出来る方ならもっとはやくできると思います!

今度作る時はもうちょっと制作時間を短縮できるようにしたいと思います。

Copyright ©2017 あしゅログ All right reserved.


スポンサードリンク