スポンサードリンク

大阪裏なんばにあるHILMAN(ヒルマン)でディナー-日本初上陸シンガポール老舗料理店-

f:id:ashlog:20170401204550j:plain

大阪裏なんばにあるHILMAN(ヒルマン)へ行ってきました

 シンガポールの老舗料理店、HILMAN(ヒルマン)。日本初上陸の、大阪裏なんばにあるこちらのお店へディナーを食べに行ってきました。シンガポール料理を満喫できるお店、HILMAN(ヒルマン)についてご紹介いたします。

 

毎度のことながら、連れて行ってもらいました(前置き)

 毎回食べ歩きの記事は、誰かしらに連れていってもらっておりますが…

 今回も前職の上司お二人につれていってもらいました。誰かに連れて行ってもらうシリーズとしてシリーズ化できてますねw

余談ですが、以前もYASAI FRENCH NR(やさいフレンチ ノール)へ行った時、前職の上司に連れて行ってもらったのですが、今回はまた違った上司に連れて行ってもらいました。3店舗異動経験したので、色んな店舗でのパイプがあるのです。

今回の上司たちとは、3ヶ月ぶりにお会いしました!!元気そうで嬉しかったです。

HILMAN(ヒルマン) 大阪裏なんば

 事前に上司の方がお店をピックアップしてくださり、候補の中から、シンガポール料理を食べたことがなかったので、どんな味なのか気になってこちらをチョイスさせていただきました。

場所は、難波の各駅から5分ほど、飲食街が立ち並ぶ裏なんばにあります。裏なんば、あまり行ったことがないのですが、今回は迷わず到着することが出来ました。

f:id:ashlog:20170401204546j:plain

 お店の外装がこんな感じ。階段であがって2Fにお店があります。エレベーターが見当たらなかったので、お店へ入店は階段のみだと思います。

日本食やイタリアンのお店が並ぶ中、結構目立っていました。

上司の方が予約をしてくださっていたので、すんなり席に通してもらえました。

f:id:ashlog:20170401204547j:plain

 この右隣にワイワイガヤガヤなテーブル席がたくさんあるのですが、ちょっと個室風になっていたので、こちらが予約ブースなのかなぁと思いました。

こちらで上司の方々と合流!久々にお会い出来てテンション上がりました。

平日の夜に来店したのですが、店内は混み合っていました。人気なのですね!

HILMAN(ヒルマン)で味わうシンガポール料理(写真あり)

 私が休職中(求職中)でお金がないということで一番安い料理に合わせていただきました。ありがたい。予約してくださった時に、3000円ほどのコースを予約していただいていたので、こちらをご紹介いたします。

 まず、初めに出てきたのが、

f:id:ashlog:20170401204548j:plain

こちらの前菜の盛り合わせ。左側がローストビーフに、下にブロッコリーや栗みたいなのが敷いてあります。右側はポテトサラダ。このポテトサラダ、通常のポテトサラダと違って、なんとスパイシーでした!これがシンガポールの味なのかなと思いました。お肉は噛めば噛むほど味が出てきて美味しかったです。

 続いて出てきたのが、

f:id:ashlog:20170401204549j:plain

こちらの甘海老のシリアルバタープラウン。この粉みたいなのがカレー味で海老はカリッカリにあげてありました。おつまみとして食がすすみましたし、海老さんいっぱいいました。

 そして続いて出てきたのが有名なペーパーチキン。

f:id:ashlog:20170401204550j:plain

この紙の皮をはぐとチキンが出て来るのですが、脂まみれでチキンに味がしみていてとても美味しかったです!!ペロっと食べちゃいました。ただこの紙の皮をむくのが難しくてなかなかむけなかったです。でも味は格別。

 次がメインだと思うのですが、蟹のチリクラブ。

f:id:ashlog:20170401204551j:plain

お皿からはみ出るほどの蟹さん。スープはチリソースで、こちらも味がよく出ていました。あまり辛いのが苦手な私としては、ちょっと辛いかなという感じで、スープはおいしいけどなかなか箸が進みませんでした。辛いものがお好きな方にはもってこいだと思います。

蟹の中身もちゃんと入っていて、上司の方のお一人が上手に食べてらっしゃって、見習わないとと思いました。

付け合せで蒸しパンと揚げパンみたいなのが出てきたのですが、写真をとりわすれました…こちらは甘くておいしい蒸しパン、揚げパンで、このパンのおかげでスープの辛さが緩和して後半、おいしいスープを堪能することができました。

 この時点でかなりお腹いっぱいになった中、続いて出てきたのが、

f:id:ashlog:20170401204553j:plain

こちらのシンガポール風チャーハンと、

f:id:ashlog:20170401204552j:plain

こちらの揚げ豆腐とフォーの土鍋仕立て。

こちらも結構ボリュームがあり、お腹いっぱいが更にお腹いっぱいに。チャーハンはソースがかかっている感じで、辛くはなかったです。

揚げ豆腐とフォーの土鍋仕立ては、味はあっさりで、スープはトロットロ!!こちらは個人的にペーパーチキンの次に好きでした!!

さきほどの蟹のチリクラブで辛かったせいか、揚げ豆腐とフォーの土鍋仕立ては、味がうすく感じたのですが、辛くなった口の中をちょうどいい所まで持ってきてくれて、上司の方が、さきほど余った蟹のチリクラブのソースをこの土鍋に入れて食べていたのをみて真似して食べてみると、ほどよい辛さ、濃さになりこれまたおいしくて二重においしさを堪能することが出来ました!!

なので、蟹のチリクラブのソースが余った方は、こちらに入れてみるのをおすすめします。

 最後にデザートとして杏仁豆腐が出たのですが、こちらもお口直しになっておいしかったです。写真も撮っていたのですがなぜかちゃんと保存出来ておらず…残念ながら写真がないです。

ボリューム満点のシンガポール料理を堪能できました

 このような感じで、ボリューム満点のシンガポール料理を堪能することが出来ました!!

シンガポール料理は初めてでしたが、スパイシーでやみつきになる味付けが多かったです。クセになります。

この日みんなでしゃべっていたのですが、シンガポール料理はおいしいけど、ペーパーチキン、甘海老のシリアルバタープラウン、蟹のチリクラブと、手が汚れて食べるに苦労する料理が多いという結論にいたりました。苦労して食べるからこそおいしさが増すのかもしれませんね!!

 

HILMAN(ヒルマン)の情報

 最後にHILMAN(ヒルマン)の情報を書いていきます。

ホームページ:: HILMAN(ヒルマン)

最寄り駅

 南海難波駅から徒歩2分

地下鉄御堂筋線から徒歩5分ほど

電話番号、営業時間

電話番号::

予約専用番号::050-5571-2057

お問い合わせ番号::06-6632-8885

営業時間::(月~金)17:00-24:00,(土・日・祝)12:00-24:00

地図

〒542-0075

大阪府大阪市中央区難波千日前15-16 オクバビル2F

シンガポール料理、ペーパーチキンを堪能されたい方はぜひ!!

 美味しいし、お腹いっぱいにもなりとても満足でした。他にもシンガポール料理屋があればいってみたいなと思うほどやみつきになる味でした。

今回私の都合で3000円ほどのコースだったのですが、5000円以上のコースとかもっとボリュームあるのかなとか美味しいんだろうなとこちらも興味があります。

シンガポール料理を体感出来るHILMAN(ヒルマン)、アジアンな食事を堪能されたい方にはオススメです!!ぜひ行ってみてください。

Copyright ©2017 あしゅログ All right reserved.


スポンサードリンク